はんこ広場ON LINE

「全国に100店舗展開のはんこ広場」のオフィシャルネットショッピングサイト

企業用印鑑

会社の設立おめでとうございます。

会社用の印鑑は、実印・役職印・銀行印・角印・職印・社判等

法人登記に使うものから、通常の業務において使うものまで

様々な印鑑がございます。下記ラインナップからご確認くださいませ。

印鑑の種類

実印とは、法務局に届け出を行い、初めて会社登記が成立する会社設立に絶対不可欠な印鑑です。
企業の代表者が所持し、よって一般的には「代表者印」、または「役職印」と呼ばれています。多岐にわたる公的機関の申請やご発展に伴う諸契約全般に使用され、社会的に企業を証明 するものです。これが無くては始まらない会社設立の必需品ですが、未来永劫にわたって使用される企業様の逸品です。


 

銀行印とは、各種金融機関に届け出を行い、会社の資金・資産を管轄する印鑑のことで、実印同様、最も重要な印鑑です。起業し、法務局に実印登録するためには、発足にあたっての金融機関の残高証明書を発行・持参しなければなりません(口座の開口)。よって、実印よりも先に用意されるもので、会社設立時には必須の印鑑と言えます。廉価な認印や、実印との兼用は最も避けるべき印鑑です。


 

角印とは、最も頻繁に使われる企業の印鑑で、請求書や納品書、領収書、見積書など、本当に多岐にわたって使用されます。会社実印の頻繁な併用使用を回避し、主契約以外のほとんどの企業間取引は「角印」で行なわれ、いわば会社を象徴する印鑑と言えます。
社内文書、各事業所、店舗等の認印としても利用され、それが俗に「社印」とも呼ばれる所以です。


 

職印とは、同じく呼んで字のごとく、二重枠の内枠には様々な分野の先生様や資格を証明する文字が入ります。
「弁護士」「弁理士」「税理士」「公認会計士」「行政書士」「医学博士」「一級建築士」 これも多種多様で数え上げたら切が無いほど多数のものがあります。
ほとんどが、「天丸サヤ付き」という印鑑にフタのついた印材でお作りいたします。


 


 
 

ページトップ

Copyright© 2020 Hankohiroba Toyodo Co.,Ltd. All right reserved.