はんこ広場ON LINE

「全国に100店舗展開のはんこ広場」のオフィシャルネットショッピングサイト

個人用印鑑

個人のお客様は、印鑑登録用の実印、口座開設の銀行印、様々な書類用の認印、

簡易的な氏名印、いわゆるシヤチハタ、その他お孫さんへの贈答用など

印鑑にも様々な種類があり、それぞれのご用途、ご予算によって必要なものが異なります。

まずはこのご用途がハッキリと決まらなければはじまりません。

ご家族様などとじっくりご検討の上「今、必要な印鑑は何か?」お決めください。


 

印鑑の種類

実印とは役所に登録した印鑑のことで、契約書、不動産取引、遺産相続など数々の 公的重要書類に捺印する、いわば人生の節目節目に必ず捺印をするとても大切な印鑑です。基本的には姓名判断に基づき、縁起を担いてフルネームを彫りますが女性は 名のみ彫刻することもあります。

大きさは男性で18mmもしくは16.5mm。女性用で15mmもしくは13.5mmが通常の大きさになります。

生涯をお供にする印鑑になりますので長年使用できる印材で、縁起の良いものを選んでお作りするのが一般的となります。


 

銀行印とは銀行や郵便局などの預金口座を開設するときや、そのサービスを受ける際に求められることも多いです。また、保険やローンの手続きなど様々な公的金融関係に必要となります。昔から金運を司る印鑑としても大切にされ、

男性用で15mm女性用で13.5mm、お札に捺印されている日本銀行の印の大きさに併せた大きさで、横彫りにお名前を配置することで、金運アップの縁起を高めて彫刻します。セキュリティー面の強化も含め、実印用の印鑑とは区別することをおすすめいたします。


 

認印とは日常的にもっとも使用頻度の高い印鑑といえばこの認印となります。サイン代わりに書類に捺印 することが殆どです。ただし認印といえど、法的効力は健在です。「お仕事印」とも呼ばれ、積極性を表すために縦彫りでお彫りします。人生の中で一番押す機会のある印鑑となります。一般的には男性は12mm以上、女性で10.5mm以上、その方のステータスによってもおすすめの大きさは異なります。おしゃれは足元から見られるのと同じように、三文判ではない認印をしっかりした印鑑で用意することで、お仕事運の縁起を高める役割を果たします。近年ではチタンの認印が大人気です。



 

 
 
 

ページトップ

Copyright© 2020 Hankohiroba Toyodo Co.,Ltd. All right reserved.